清須 写真館

思い出がよみがえりました「写真館に頼んだ古い写真の復元」

我が家をリホームすることになり、家具から食器、洋服や小物に至るまで、いろいろなものを一時トランクルームに預けることになりました。親の代から30年近く暮らしていた家なので、リホーム自体もたいへんでしたが、荷物の整理の方もとてもエネルギーをつかいました。

処分するものとともに、何処にあったのか忘れていた、懐かしいもの、大切なものが次々にでてきます。書籍やCDなどはその度にそれらに夢中になってしまいます。さすがにレコードはプレイヤーが既になかったので再生タイムにはなりませんでしたが…そのなかで、最も夢中になったのは古い写真でした。

自分自身が撮ったなつかしい写真は云うに及ばず、そうじゃない写真を見ていてもいろいろな思いが交錯します。これ、何処で撮ったのだろう…誰が撮ったのだろう…この人だれだったっけ…父や母、祖父母、昔飼っていたペットが写った写真を目にした時などは、思わず涙を流してしまいました。

そんな話を友人に話していました。「ただね、懐かしい写真はいたんでいるものも多くてね…」と云いかけたところで友人が「古い写真やいたんだ写真は写真館で修復してくれるよ」と教えてくれました。思わずその場で、写真館に問い合わせてしまいました。色あせてしまったり、擦り切れたり、破れたてしまった写真まで直せるみたいです。白黒だった写真をカラーにリメイクすることだってできるそうです。

トランクルームに預ける荷物に写真を入れるのは早速中止です。今度は修復する写真を選びだす作業が加わってしまいました。大切な思い出が再び蘇ってくれるのなら、どんなに忙しくなってもファイトがわきます。さりげなく、貴重な情報を教えてくれた友人に感謝です。

結婚式の撮影は写真館のカメラマンに頼んで正解だった

高校の頃から10年間、付き合っていた彼女と結婚することになりました。二人で家庭をもつこと自体は自然ななりゆきだったのですが、現実的な事柄をどうすすめるのか、一生に一度の記念をどのようにして演出するか、ということは結構頭を悩ませる問題でした。

長い付き合いなので、お互いのことや価値観はもちろん充分にわかっているのですが、あらためて話し合いというようなことになるとやっぱり、たいへんなことが多いです。結婚式自体は親しい友人だけを招いてパーティー形式で行うことにしました。10年間二人を暖かく見守ってくれた友人たちに謝意をあらわす場にしたかったのです。

そんな状況のなかで、当日の写真撮影についてはプロのカメラマンの方にお願いすることにしました。友人のなかには世話好きで、写真撮影、ビデオ撮影を喜んでやってくれる人もいると思うし、実際になんでも手伝うよ、と言ってくれは人もいるのですが、その言葉に甘えてしまうとおもてなしをするためにお呼びしたのにお仕事があるのはなんとなくしっくりしないところがありました。やはり当日は楽しむことだけに専念してもらいたかったのです。近所の写真館に相談したら、快く引き受けていただけました。

そして、その決断は大正解でした。カメラマンさんも私たちの気持ちを充分に汲んでくれました。出来上がった写真をみて、「主人公は」私達だけれど、「主賓」は友人みんな、という雰囲気が伝わってくる写真でした。一生に一度の記念は心のなかにも残るものになったし、形になって残るものにもなりました。

カルチャーセンター、写真教室の先生は街の写真館のご主人です

自分の世界をひろげたいな、と考えてカルチャーセンターに通うことにしました。はじめから何を学びたい、と思ってのことではありませんでしたが、俳句や料理など教室のリストのなかでふと、写真教室の紹介が目にとまりました。

カメラや写真というものには元々はあまり関心を持っていなかったのですが、教室で撮られた数々の紹介写真が私の気を引きました。色とりどりの花や日常の家族のなかのできごと、街角の風景写真など言葉を語らぬ写真が何かを語りかけているようでした。

教室は週に一回、お仕事をしている方も利用できるように土曜日に実施されていました。様々な年代の方が参加していました。私のように初心者もいれば、かなり年期の入った方もいらっしゃいます。でも、でも、技術の差は心配いりませんでした。その教室では何を伝えるかということをテーマに学ぶ機会が多かったのです。なので、みんなで撮った写真を見て何を感じるか、というディスカッションを良く行っていました。

そんな教室を主宰していたのが、街の写真館のご主人でした。とても気さくな方で、どんな写真にもいいところがある。どんな写真にもメッセージが込められている、というのが先生の言葉です。ものごとを見る視点がひろがりました。そして、そのためにまさに世界がひろがりました。カメラを購入すること自体は量販店でも大丈夫ですが、そのカメラをどう使うか、ということはこんな方に教えていただくことが大事だということでしょう。

もちろん、技術的なこともたくさん学ぶことができました。最新のデジカメから、古いカメラでの写真の撮り方…お陰様でブログ用の写真もとても奇麗に摂れるようになりました。そのブログがきっかけになって知り合いになった方もいますので、こちらの方でも世界がひろがりました。思い切って通ってみたおかげです。これからも楽しみにしています。

街の風景を綴った写真集=私の街の写真館のご主人の作品です

休日に散歩をしていたら偶然に商店街の写真館の前を通りかかりました。そのお店のショーウィンドーに飾られていた一枚の写真に何となく惹かれました。写真館のショーウィンドーに飾られた写真といえば、七五三や成人式などの記念写真が多かったりしますが、その写真はちょっと趣を異にしたものでした。

モノクロの風景写真です。思わず、足を止めて見入ってしまいました。何年前の写真なのでしょう。随分と昔の街の風景です。でも、なんとなく親近感を感じる写真でした。

何年かして、偶然また同じ写真に巡り合いました。街の図書館で「我が街の歴史」をテーマにした写真展が開催されていました。あの写真の他にも商店街の魚屋さんや八百屋さんとそのお客さんたち、小学校の運動会、路地裏のネコ…自分が子供の頃の世界がそこにありました。かわってしまったものもたくさんありましたが、かわらないものもありました。街のシンボルの清州城は昔から美しいお城だったんだ…

説明によると、この写真を撮ったのはあの写真館を経営されている方で、1950年代から街角の風景、人々の日常を撮り続けているそうです。そして、その数々の写真は写真集として刊行もされているとのことでした。その写真集はこの図書館にも所蔵されているとのことなので、早速貸出をお願いしたのですが、半年先まで予約が埋まっていました。

いてもたってもいられずに、図書館から件の写真館に直行しました。ご主人に事情を話し、もしこちらにもその写真集があるのなら、見せていただけないかとお願いをしました。もの静かなご主人は快く奥から数冊の写真集を持ってきてくれました。

時の経つのも忘れ、写真集に見入ってしまいました。ご主人はお茶まで出して持て成してくれました。「後世に伝えたいものは実は身の回りにたくさんあるんですよね」ご主人の言葉です。こんな活動をされている方もいらっしゃることを初めてしりました。

自分の日常生活ではあまり写真というものを意識していなかったのですが、今日を境にかわりそうです。

どーしても受かりたいオーデション用「写真館の人はさすがプロ」

小さい頃からアイドルになるのが夢でした。小学校の卒業文集にも、将来アイドルになるって書きました。声楽とダンスのレッスンもずっと続けています。お父さんもお母さんもこの夢を一緒になって応援してくれています。

高校生になったのを機会にお父さんとお母さんからオーデションに応募してもいい、というOKをもらいました。中学生の間、学校の成績が下がったら応募できない約束だったので一生懸命勉強しました。

オーデションのための書類の書き方もお母さんと考えながらやっています。経歴は普通に書けるのですが、自己PRと写真はどんなふうにするのか、たくさん考えました。

歌やダンスができるだけではダメだと思って、ちょっとでも興味がある読書とか映画鑑賞とか料理ができることも書くことにしました。でも、一般的になってもだめなので実際に読んだ本の題名も記入しておくことにしました。内容を少し忘れていることもあったので、もう一度読み返した本もあります。やっぱり書く以上はちゃんとしないとって思いました。

写真は履歴書に貼る写真とスナップ写真が2枚でした。「写真は第一印象だから特に大切」ってお父さんがアドバイスしてくれました。上手に撮れるかな、と思いましたが「大丈夫、写真館のスタジオで撮ろう」ってお父さんが言ってくれました。履歴書用の写真もスナップ写真もカメラマンさんがいろんなポーズでたくさん撮ってくれました。スタジオでこんなふうに撮影しているだけでも、少しアイドルになれたような気がしました。そのなかからお父さんとお母さんと私の三人で気に入った写真を選びました。どの写真もとてもよく撮れていたので、迷いました。さすがプロ、って感じです。

とりあえず応募書類ができました。お父さんとお母さんも一生懸命協力してくれたので、どーしても受かりたいです。最後は強い願いを込めて郵送しました。

「家族全員で撮りたいから写真館行こう」父の言葉の通りでした

うちは五人家族です。父、母、私(長女)、妹と弟です。別に仲が悪いわけではないんだけれど、私達が大きくなると家族全員で出かけたりすることがめっきり少なくなりました。そのうち、私が就職して親元を離れると、家族全員がそろうこと自体が珍しくなりました。

そして、一番下の弟が東京の大学に行くことになったので、ますますみんなでなにかやることが、少なくなりそうだったので、久しぶりに家に帰って、弟の引っ越しを手伝うことにしました。

週末の土曜日で作業を済ませた後、久しぶりに家族全員で夕食にでかけました。少しのお酒で父はだいぶ酔っていました。以前はもっと強かったのですが…ほろ酔い気分の父が言い出しました「よし、明日写真撮りに行こう、久しぶりに家族全員で写真撮るぞ!写真館、写真館…」一人で盛り上がりながらスマホで何やら検索しています。「よし、明日も写真館やってるぞ。明日行くぞ」

自宅に帰った後、父はすぐに寝てしまったのですが、母と妹、弟の四人で昔の写真を眺めました。気づいたのですが、家族全員で写っている写真がとても少ないんです。父の気持ちわかりました。

翌日は朝早い新幹線で自分のアパートに帰る予定でしたが、予定を変更しました。でも、朝食を済ませると、母と実家暮らしの妹はなんだか楽しそうに服を選んでます。父も弟もスーツを着ていくつもりのようです。その瞬間、「しまった…」と思いました。「私だけ、お気に入りの服がない…」結局、妹に服を借りて写真を撮りに行きました。とれた写真自体はとても満足なのですが、ちょっとだけ心残りです。

「ねえ、また撮ろう」を何度も連呼しました。今度は私の一番お気に入りの服を持参して帰るので、また撮影するのをみんなに約束させました。

卒業パーティーの写真は「街の写真館の名物おじさん」へ依頼

通っていた大学で卒業パーティーが企画されました。私の学科は一学年で60人程の人数なので、先生も学生もずっと家族的な雰囲気でつきあってきました。考えてみれば、中学や高校も含めて、四年間ずっと同じ仲間で過ごしたのは初めてのことでした。そんな学生生活だったので、卒業パーティーはみんなの記念になるようなものにしよう、と意見が一致しました。

実際に事務的なことを担当してくれる幹事さんはSNSでみんなの意見や希望を調整してくれたり、集会を開いたりしてくれました。そのなかで出た意見で中学や高校のような全体写真や個人写真をパーティーで撮ることになりました。

最初はみんなのなかからカメラマン役を選ぼうかともしたそうですが、パーティーでその人が楽しめなくなってしまったら困ると考え、プロのカメラマンの方を依頼することになりました。

パーティーはレンタルのパーティー会場を借りて、卒業式の後、実施しました。学校の式で涙をみせていた友人はパーティーでも再び涙…という人が結構いました。そんな会場のなかをカメラマンさんは気さくにスナップ写真を撮っていました。とてもいい方だな、という印象でした。

そして、それは本当に正解でした。パーティーの最後に撮影のために先生と学生みんなが雛壇に上った後、みんなの気持ちを程よい緊張と程よいリラックスに導いてくれた会話の巧みさ、さすがプロです。趣味でカメラのテクニックがあっても、これはちょっと及びません。聞けばカメラマンさんは長年、地元の高校で集合写真を任せられている写真館の名物おじさんなのだそうです。

自分が心のそこから好きで打ち込める仕事というのは人をとても気持ちよくさせるものなのだな、と卒業という新しい出発の日に気付きました。そして、こんな素晴らしいカメラマンのおじさんを探してきてくれた幹事人たちに感謝です。

小さい頃からお世話になっている写真館に頼んだお見合い写真

唐突な話で、お見合いすることになりました。お付き合いしていた彼氏とわかれて少したった頃でした。でも、すぐに自分から新しい彼氏が欲しいとか婚活にとりかかろうとかは考えてはいませんでした。

そんな時にお見合いの話がきたのです。なんとなく、惹かれるところがあったので「やってみる」ということになりました。今のお見合いは昔のお見合いとだいぶ変わってきたところがあります。お見合い会社に登録をしてイベントとかに参加しながら、お見合いをするのが一般的なスタイルですが、私のところにきたお話は昔ながらの知り合いの方の紹介でした。「いい人いない?」という問いに私のことを思い浮かべていただいたのは、考えてみればとてもありがたいことです。

そんなわけで、写真を撮りにいきました。私の家ではいろいろな節目ごとに写真を撮っていました。お宮参り、七五三、入学式、成人式…いつも同じ写真館でお世話になっていました。だから、どこで写真をとるか、ということははじめから決めていました。お見合い用の写真、とお願いするとご主人が驚いていました「へー、感慨ふかいねぇ」とおっしゃりながらパソコンの操作をしておられました。「この前の成人式はデジタルのデータがあるけれど、昔はネガの時だったからねぇ…でも○○さんのお宅の写真は全部デジタルにしてありますよ。ご覧になりますか?」もちろん見ます。

もう、自宅ではどこに保管してあるのかわからなくなってしまった写真までありました。眺めているうちになんだか涙があふれてきました。少し涙を流したらなんだかとてもスッキリした気分になって、撮影でも自然な笑顔をつくることができました。

受験用の写真縁起を担いで写真館で撮りました「見事合格!」

昨年、受験した大学は全滅でした。自分では滑り止めと考えていた大学も見事にダメでした。一年間浪人することになりました。初心をいれかえて勉強しようと決心しました。

予備校の日常生活は高校のものとはまったく違うものでした。大きく感じたことは自分の居場所がないということでした。お昼をゆっくり食べられないことでなかなか自分の生活ペースをつかむのがたいへんでした。もう一度受験勉強を始めた4月から7月までは本当にあっという間に過ぎ去ってしまいました。「夏を制する者は受験を制する」という言葉がありますが、夏が終わった段階で自分がやるべきことができているのかどうかわかりませんでした。

センター試験の出願が10月の中旬、12月になるといろいろな私大の願書も販売されはじめました。年末年始も何処にも行かずに、勉強に集中していようと考えていたのですが、祖父母からが顔をみたい、と連絡をもらいました。親戚一同が祖父母の家に集まるなかで、いろいろ気をつかってもらいました。別に腫物に触れるような感じではありませんでしたが…そんななかで、伯母さんが「もう写真とった?」と訊ねてきました。写真なんか、去年のものをそのまま使ってしまおうと思ってたので、そう言いました。

「駄目よ。ちゃんとした写真とらないと。ここの写真館のスタジオで撮りなさい」伯母さんはそう言って、写真館の地図を書いてくれました。「このス写真館で撮ると合格するっていう評判の写真館なのよ」

縁起をかつぐというのも一つの方法かな、と思ってすすめられるままに写真館で撮ってくることにしました。出来上がった写真をみて、驚きました。何だか、目に力を感じる写真でした。プロの方がちょっとした視線の指示をくれるだけでこんなに違うのですね。自分で言うのも変な話なのですが、自分の写真、自分の表情から勇気が湧いてきました。

その後、なんとか勉強も順調にすすんで、今度は第一志望の大学に合格することができました。ありがとうございます。

写真館で撮ったら生き生きとした自分でした「就活用写真」

大学も3年生になってそろそろ就活のことを真剣に考えなければいけない時期になりました。将来を考えた業種の選定や自分の希望も大切なことですが、まず内定をもらえるかどうかがとても心配でした。実は私、ルックスに全然自信がないんです。一生懸命作成した応募書類でも写真ではねられたら憂鬱だな…と、時々思ってしまうことがありました。

ふと、友人にこんな話を聞きました。「ねえ、知ってる?ある写真館で履歴書用の写真を撮ると必ず内定がもらえるんだって」始めは単なる都市伝説だと思ってましたが、何かにすがりたく、その写真館に足を向けていました。

特にかわり映えのある写真屋さんではありませんでした。スタジオも立派というわけではありません。でも、撮影を待っている間に何冊もの寄せ書きのノートをみつけました。就活で希望が成就したお礼や志望校に合格できた嬉しい思いが綴られていました。

撮影の最中にカメラマンさんに訊ねてみました。「なんで、こちらのお店で写真を撮ると想いが叶うのでしょうか?」カメラマンさんはニコニコしながら答えてくれました。「簡単なことですよ。ちょっとだけ心のなかで思うだけでいいんです。写真を撮っている時にこの方、就活うまくいけばいいなとか、受験生の方は受かればいいな…と思いながら撮るんですよ」

そのお話しを伺って、わたしも自然にほんわかとした気持ちになりました。そんな気持ちのまま撮っていただいたからなのでしょうか。出来上がった写真をみてビックリです。「これ私?」自分でいうのもなんですが、自然な表情でいきいきとした雰囲気が感じられます。なんだか勇気がわいてきました。この写真で就活、頑張ります。